輸入手芸材料店【プチコパン】にようこそ!ボタン、アップリケ、ハンガリー刺繍の材料などいろんな国から直輸入の手芸用品をお届けします。


【アトリエ プチコパン】topへ戻る            次のページへ

★型紙及び作り方の商用での転用、複写、再配布、販売等はご遠慮下さい★

●カラー貝ボタンとリネンの組み合わせ


麻のバッグに、カラー貝ボタン15mmをたくさん縫い付けてみました。
ボタンの色に合わせて縫い付ける糸も変えると楽しいです。
カラー貝ボタンと麻は本当によく似合います!






●バンビのチャーム


ドイツのモチーフ、バンビを使ってチャームを。
背中の白いところは、白いマニキュアを使って色付けしましたが、刺繍したらもっと可愛くなるかも…。お花のパーツやビーズを付けてみます。このバンビは耳に穴が開いているので、こんな風に丸カンやいろんなパーツを付けられますよ♪






クロッシェのヘアピン


編み図はこちら→

編み図のとおりに鎖20目から編んでいき、編み終わったら大きい花びらが外側に来るように形を整えながらクルクルと巻いていきます。
真ん中は黄色いレース糸でフレンチノットにします。代わりにビーズを付けても可愛いですね。
形が崩れないよう余った糸で縫い止めたら出来上がり。台付きヘアピンにグルーガンで接着します。
上の写真はレース糸40番で編んでいます。太い糸だともっと大きいお花になります。






●おひさまのボタンをワンピースに!



個人的にも私が大好きなドイツのおひさまボタン、きれいなブルーのリネンで作ったワンピースに付けました。一緒に雲ボタンも。夏の青空みたいなワンピースになりました。大人になるとこんな服着られないですよね(笑) 小さい時に、思い切りボタンで遊んだ洋服を着させてあげたいなって思います。 着ている本人もボタンでおはなしを作ったりして想像力が広がる…と思います。(^^)







チュールスカートの作り方

チュールスカートの作り方

15cm幅チュールリボンを使って、縫わずに出来る簡単なチュールスカートの作り方をご紹介します!
まず使うのはこちら→のチュールリボン。ここではグレーを使っています。
チュールは写真に写りにくいため、拙いイラストですが我慢して下さい(>_<)

まず、お好みの幅の平ゴムを、お子さまのウェストに合わせて用意し、輪にして縫い合わせます。

丈×2+10cmほどのチュールリボンを20〜30本ぐらい切っておきます。この本数はお好みなのですが、多くするとフワーッとなるし少ないと控えめです。

それを半分に折って、下図のようにゴムに結びつけます。
  →→  
こんな風になります。
それを、ゴムにぐるっと結びつけたら、すそを揃えてカットして出来上がり!!これで出来上がりなんです。簡単です(^^)
透けるので下にはペチコート的なものをはいたほうがいいと思います。
ただ、結ぶのでウェストの辺りがゴロゴロした感じになるのは否めません。それが気に入らない場合は、下図のように簡単にミシンで縫ってもいいと思います。

一枚広げて縫わなくても、クシュッとさせて縫ってしまってもいいです。そうするとウェストはスッキリします。

こんな簡単にできるチュールスカート、ぜひぜひ試してみて下さいね!
ちなみに、私はグレーのチュールスカートにドイツの金色の星アップリケを縫い付けてみました。 上の写真でチュールリボン20本使っています。




【作り方いろいろ】topへ戻る            次のページへ

 
Copyright・2013 petit copain プチコパン